Hygiene saves lives
命を守る感染管理―感染管理が特に重要なわけ

デュールデンタルは世界中で感染対策のスペシャリストとして、歯科医院の感染管理を衛生面より総合的にサポートします。感染を引き起こす危険因子を知り、効果的かつ理論的なハイジーンシステムを取り入れることで感染のリスクを最小限に抑える手助けとなります。歯科医院内では、さなざまな病原体が感染を引き起こし、健康を害する可能性があります。昨今の新型コロナウイルスの拡大により、衛生基準や感染対策が再認識される中で医療機関での感染管理は特に重要視されています。正しい知識を持って新型コロナウイルスに立ち向かうことで患者さんとスタッフの命を守ることができます。

1. 病原体について
2. 歯科医院に潜む危険性と感染経路
3. デュールデンタルのハイジーンシステム
4. FAQ―最新情報

病原体について

細菌

  • 最も小さな単一細胞からなる微生物
  • 自己細胞分裂を行い増殖
  • ほんの一部の細菌が人間にとって病原体となる

真菌類

  • 細菌と同様に真菌類も生命体
  • 多くの真菌は人体に無害
  • 医学に関連する真菌類は感染を引き起こす

ウイルス

  • 細菌や真菌類とは異なり他の生物に寄生
  • 自身で代謝することができない為、宿主内で増殖

歯科医院に潜む危険性と感染経路

飛沫感染

くしゃみ、咳、または会話によってインフルエンザウイルスのような病原体が空気中に飛沫となって飛散します。粘膜に触れて増殖することで感染が生じます。

手からの感染

手指は、患者さん、器具、作業テーブル、医療機器だけでなく、スタッフルームやお手洗いなどにも頻繁に接触をします。そのため、知らないうちに病原体を伝達してしまいます。

エアロゾルによる感染

エアロゾルとは、唾液、血液、分泌物、切削片、歯磨剤、回転器具の冷却水などを含む霧状の汚染水です。タービンなどを使うと半径2mまで飛び散ります。そのため、病原体が空気中に飛散し、結果として診療室全体を汚染します。空気中に飛散した病原体は、人々の皮膚、粘膜、呼吸器官、傷口を通じて感染を生じさせます。

環境表面からの感染

診療中に接触する人、器具、エアロゾルなどにより、ユニットチェアや設備などの表面が汚染されます。これらの表面に無防備に触れることで感染が生じる可能性があります。

器具からの感染

治療や外科手術に使用する器具は、唾液や血液に接触するため、病原体に汚染されます。滅菌消毒していない使用済みの器具に触れることで重大な感染が生じる可能性があり、危険です。

「命を守る感染管理 —
患者さんとスタッフに安全を」


ハイジーンハンドブック
無料ダウンロードはこちら

デュールデンタルのハイジーンシステム

消毒、洗浄などの感染予防は、総合的かつ計画的に実施しなければ意味がありません。この考えに基づき、デュールデンタルは1965年に業界で初めて吸引システム用除菌剤、「オロトール」を発売しました。これが当社におけるハイジーン製品の開発の原点となっています。現在ではデュールデンタルのハイジーン製品は世界各国の歯科医院で広く信頼され使用されています。4色のカラーで色分けすることにより、わかりやすく確実に感染管理を行えるデュールデンタルのハイジーンシステムは、30年以上にわたり歯科医院における感染予防に貢献してきました。ドイツで開発、製造され、その効果はドイツと欧州の検査や試験によって裏付けされております。

Surface Disinfection

表面の除菌「グリーン」

ユニットチェア、ハンドピース、ライトハンドルなど患者さんごとの環境表面の除菌洗浄に。安全かつ短時間で作業者にも患者さんにも安心です。

Instrument Disinfection

器具の除菌「ブルー」

一般器具、手術器具、バーやリーマーなどの回転器具の除菌洗浄に。環境や作業者にも優しく、器具の再生処理を効果的に行います。

Hand & Skin Care

手指「ピンク」

感染予防に必要不可欠な手指洗浄剤は肌に優しく素早く確実な効果が出ます。敏感肌をいたわり炎症を予防します。

Suction & Impression

吸引や印象体「イエロー」

吸引システム:デンタルチェアの吸引システムやスピットンの排水管及び分離器の除菌、脱臭、洗浄とメンテナンスが同時にできます。
印象体・技工物:各種印象体と補綴物の確実な除菌洗浄で感染予防を行います。

FAQ-最新情報

 ハイジーンに関するお問い合わせは「お問い合わせフォーム」から…

命を守る
感染管理
ハイジーン
ハンドブック